無駄なキャッシングを回避するために、家計簿をつけてみよう

金のことで苦労した人は、オススメしたいことの一つに家計簿をつけることが挙げられます。家計簿になんとなく抵抗があるという人であれば、出納帳と称してもよいでしょう。何にしても、平生からの管理が行き届き、自己の金に関する現況を把握しておくように努めることは、管理を巧みにすることの第一歩でしょう。このような管理は面倒そうですが、実はとても簡単な方法があるのです。その方法とは、金を使うような機会があれば、レシートや領収書を集めておきます。これがないような場合には、その使ったものの名称と金額を記載しておきます。レシートも次第に溜まってくるでしょう。ある程度いっぱいになってきたら、ファイルできるようなホルダーか箱のようなものを用意し、その中に入れておきましょう。休日になれば、レシートに記載されている金額を上記家計簿へと記入します。計算に便利なために、エクセルなどにある表計算ソフトに記入することもオススメします。記入する際には、むちゃくちゃ細かい項目を設けなくても心配いりません。そして、家計簿と財布に入っている金との間に整合性があるか否かも特に気にかける必要性はないです。この場合には、金の使いみちを知るためですから、辻褄が合っているかは気にする必要はありません。

 

参考|チャットレディ体験は危険?

キャッシングの審査では、一体何を検討しているのか

キャッシングでは審査は不可欠なものです。金の借り入れができるか否か、またはその金額は、審査の結果によって左右されてきます。この審査って、一体どこがポイントとなってくるのでしょうか。当然ながら、キャッシング業者であっても、どこの誰とも分からない、見知らぬ人間に金を貸すわけはありません。どこに居住する人間であるかを判断しなくてはいけません。そのために公的な書類などの提出が必要というわけです。公的な書類とは、本人の確認できる書類のことで、多くは運転免許証、健康保険証などが一般的です。しかし、どこに住む誰であるかが判明しているにしても、金を貸すのであれば、返してくれるアテがあるのか否かも確認しなければなりません。こうした経緯で、収入がいくらあるのかも調査します。法律によって、原則として年収の3分の1以下が借り入れ限度額の基準として定められています。そして、融資希望額が借り入れ限度額の範囲内であったとしても、これ以外にキャッシングなどをしていては、融資額が超越してしまうことになりかねません。こうしたことから、他社などから借り入れなどがないか、調査されます。どこから調査するかというと、個人信用情報を扱う機関にある情報から、他社から借り入れがあるか否かを調査します。このことを名寄せと称します。さらに、返済期日を守れるか否かについても、借り入れする人の延滞の履歴などに関しても上記機関に保管されています。そのために返済期日は遵守しましょう。